ピリッとした痛み

ピリッとした痛み

肌がめくれたり、カサカサしたり、赤みをおびたり、ピリッとした痛みを感じることがあります。こんなことを感じた時は、乾燥肌になっている事が考えられ、お肌に水分をたっぷり補給することが重要です。

水分を乾燥肌に与える時に大切になるのが、お肌に悪影響をあたえないコスメを選択することです。このような化粧品には、添加物無配合や刺激の少ないものなどいろいろなタイプがあります。

 

それらは添加物、着色料、保存料などが使用されていないので、お肌が敏感な方でも安全に使える化粧品になります。使う時に気をつけたいのは、どんな化粧品でも皮膚に合っているのか知ることです。なので購入する前にサンプルなどを利用して数日使ってみることが必須です。

 

利用する時はいきなり顔に使うのではなく、かさつきが気になる腕などで使ってみるとよいです。そうして改善が見られたときは、しっかりと水分補給することで肌を乾燥から守ってくれます。

 

水分補給のやり方は、まず化粧水を手に取って温めるようにしてから皮膚にしみ込ませるように押さえます。その後、乳液やクリームなどでローションに蓋をして水分が蒸発しないように封じ込めます。乾燥したお肌は確実に水分補給することが必要で、化粧品の選び方も同じくらい重要な条件になります。